防犯カメラで暮らしの安全を実現しよう~ホッと安心防犯~

防犯対策

最後の砦

不動産

持ち歩くものから本人自身に

防犯上で最後の砦となる鍵。鍵はどんどん進化を続けています。 普段よく目にする持ち歩くタイプの鍵では、ディンプルキーといわれるものが一番複製が難しく、ピッキングにも強いとされています。 しかし今後は鍵は持ち歩くものではなく、その人自身になるのではないかと思います。いわゆる生体認証というものです。 現在でも広く普及はしていませんが、セキュリティーが強力でならなければいけないような施設では運用されています。代表的には指紋認証や目で判別するものなどがあり、いずれも登録されている人しか開錠できないため非常に防犯能力は高いです。 これらが一般家庭に普及していくと思われます。防犯面は大きく改善される事が期待されます。

様々な鍵を使用する上での注意

今一番普及している一般的な鍵を使用する上で最も注意しなくてはならないのは複製される事、そしてピッキング被害です。もしどこかで無くしてしまう事があれば、合鍵を作るよりは本体ごと取り替えてしまった方がよいでしょう。 また、セキュリティーが高いと言われる生体認証のものにも弱点はあります。 生体認証システムの多くは、コンピュータを使用しています。つまり本丸のデータベースに侵入されたらひとたまりもありません。ですのでコンピュータ面でのセキュリティーも必要となります。他にも停電やシステムダウンは大きな弱点でしょう。 普通の鍵と生体認証システムの併用が一番セキュリティーが高いのではないかと思います。 いずれにしても画期的な鍵の登場は遠い未来ではないでしょう。